株式会社池田 グリーン & アグリ事業部
適正な農場管理とその実践について
ー 持続可能な農業経営の確立と消費者・食品事業者の信頼確保のために ー



Good Agricultural Practiceの頭文字
「適正農業規範」または「農業生産工程管理手法」等と訳されています



①食品安全:安全な農産物(食品)の生産と出荷
②環境配慮:環境に配慮した持続的な農業の実践
③労働安全:生産者の労働安全と福祉の確保
④経営管理:信頼できる経営管理体制の実現
  




生産者自らが農業生産全体を見通して、①~④の
観点から点検項目を定め、これに沿って農作業を行い
記録・検証して持続的な農業経営の改善に結びつけています。
(事故の防止、作業の効率化、産地の信頼向上を図ります)




当社でも、JGAP指導員資格を取得した社員がいますので、「GAP」に取り組んでみませんか。今後は栽培履歴や流通履歴の記録は信頼の最も重要な要素になるのではないでしょうか。